旅する身体とは

・身体感覚を育て、日常にも活きる身心を目指す

武術(古武術)やヨガを軸に身体の使い方や身体技法を研究し、お伝えしています。

武術やヨガを稽古していく事で、身体が整ってくる事はもちろんですが、

日常生活にも応用できる身心作りのご提案もしています。



身心の動きや捉え方を変えてみると、結果として整うという事があります。

トレーニングを積むのも大事ですが、どの視点で行うのかも非常に重要です。


例えば、

対立する身体、癒着する身体、衝突する身体、自立する身体、調和していく身体


身体が癒着していると各部の足の引っ張り合いになります。

癒着を自覚して自立を促すと、結果として繋がる身体になります。

癒着とは端的に言うと「力み」です。つまりギュッと固めてしまう事。


身体がギュッと縮こまり固まっている状態でトレーニングをしても、却って動きが悪くなる場合もあります。

前提の身体として、無駄な力が抜けているか否かが重要ではないかと考えています。


そんな前提の身体から稽古をしていきます。


ワークショップでは主に立ち方座り方、歩き方等から身体を見直し、動きの捉え方や感覚の向け方で身体が変わる事を体験して頂けます。


稽古会や研究会では、武術的要素を絡めて「不自由の中でいかに自由になるか」を稽古していきます。

相手に思いっきり手を掴まれるととても不自由に感じます。なんとかして振り払いたいと思いますが、なかなか大変です。この時にがむしゃらに何とかしようとせずに、動き出す場所を変えてみたり、感覚の向け方を変えてみたり、相手との関係性を変えてみたりと色々試し検証していくのが稽古の場です。結果として力感なく相手が動いたりもします。


ヨガではアーサナ(体位法)や呼吸法、修正法や調整法を通じて身心を整えます。

教室で終わってスッキリではなく、日常にまで落とし込めるケアの仕方や調整法もお伝えしています。


ここにある身体と対話してみる、感覚の向け方を変えてみる、身体を丁寧に観ていき、感覚を育んでゆく。

新たな身体と出会う旅。

そんな思いで旅する身体と名付けました。