tabisurukarada

記事一覧(270)

真剣での試斬で得たこと

昨日は、神保町にある「神田すずらん館」にて真剣斬法(きほう)の稽古を行ってきました。武術の研究をしている者としては、一度是非経験しなければという思いもあり参加してきました。道場はとても良い雰囲気で、場も納まっており、静けさの中に深さを感じる場所でした。場の作り方、想いがそのまま出ていて自然と丹田が充実しているのを感じました。講師の後藤さんは、とても丁寧な説明で真剣までの過程を順序立てて稽古して、安全に真剣での試斬をさせて頂きました。最近は「重さを感じる」と「残像」がテーマとして浮かび上がり研究していますが、今回の真剣での試斬はもの凄く関連していてとても興味深いものがありました!真剣も、力でブンブン振り回していても斬れません。重さや性質、そして特性をよく知り、身体もそれを感じて特性を最大限に活かす事が重要であると感じました。武器は手の延長などと言われますが、「手」もブンブン振り回せばいいと言うわけではありません。真剣と同様に、手の重さを感じられるかが大事な要素の一つです。手の重さが感じられると、何か手に持った物の重さも充分に感じることが出来ます。この時に勘違いしがちなのは、手の力を抜くといって完全に脱力してしまう事です。完全に脱力してしまうと立っている事もできませんし(糸が切れたマリオネットのような)、それは骨格や構造が崩れてしまっている状態です。ここは保ちながらも後は力を抜いていく。そうすると身体ってこんなに重さを持っていたんだなと痛感させられます。ここで言う重さを感じるは、「体だる重〜」という倦怠感の様な重さではなく、身体に対しての新たな発見の喜びからくる重さ、と表現してもいいと思います。重さを感じる事が出来れば、重さを活かすことも出来るはずです。そんな事とリンクさせながらの試斬は初めてではありましたが、不思議と迷いもなく素直に真剣を振る事が出来ました(多少の良い意味での緊張感はもちろんありました)。気持ちの切り替えや、精神集中、深い静けさの中での動きに身を置いてみたい方は是非一度体験してみて下さい!

身体の稽古会

【身体の稽古会】何か特定のことをするという枠組みから離れて「身体」の稽古をします。それは武術に関したことでも、スポーツに関したことでも、介護に関したことでも構いません。その時その時の、参加者との間に生まれる研究稽古会です。武術やスポーツの動きはもちろん「身体」に興味を持つ方はどなたでもご参加下さい。ご質問ややりたい事なども、その時々に仰って頂いて深めていけたらと考えています。今までに無かった新しい感覚は新しい自分に出会わせてくれます。自由な研究スタイルで、愉しみながら異業種ジャンル問わず、どなたでもご参加して頂けます。【旅する身体/雲山】はこれまで子供から老若男女問わず幅広い年齢層、様々な方々にご参加頂いております。○武術家○スポーツトレーナー○武道経験者○指導者○初心者○女性の方○ヨガ講師○セラピスト○スポーツ愛好家○シニア【術理について】研究稽古が深まり術理が生まれました。一部ですが記載します。《接面(仮)》接点を点ではなく面で捉える。《肘の自由》肘、肩、肩甲骨関連。肘が力むと肩、肩甲骨、背中も力む。肘を落ち着かせて自由に動かす。《魚影》手の動き。《水祓いの手》末端が死にやすい(緩みやすい)場合に使うと繋がりが生まれる。水を払った時の遊びの取れた感じ。《引手》押す意識より引かれる意識で押した方が相手が崩れやすい。《ニュートンのゆりかご》層に向かって押す。《ルートを辿る》他【場所】東町スポーツセンター 第1武道場たたみ【日程】1月19日、2月16日、3月30日【時間】13時10分〜14時40分【会費】2500円【問い合わせ】ホームページ『旅する身体』https://www.tabisurukarada.comもしくはtabisurukarada@gmail.comよりお願い致します。

末端と中心

去年は肘に関しての気付きと、紙風船からの展開で接点を面で捉える事が大きな気付きだった。接点については拮抗、釣り合い、支え合いなどがキーワードとなる。新年に入って出てきた気になるポイントは腰、脚。そして重さが乗るという事。腰脚についての重要性はもちろん感じているが、改めて見直してみるとまだまだ粗い。膝から下にかけての密度は以前気付いた踝から花が開く感覚、踝蓮(かれん)のお陰で少し濃くなったが、膝から腰あたりにかけてはまだ抜けている感がある。腰が抜けていると文字通り腰抜けになってしまうから、腰を入れて本腰としなければ肚が据わらない。初詣の際に着物で出かけていったが、帯のお陰で腰が締まり、肚の感覚をいつも気付かせてくれる。肚はそこにあるよと。呼吸をしても帯が締まっているのでいい意味での反発がある。反発があると呼吸もだんだんと深くなっていく。残念だったのは、途中着物姿を見なかった事。初詣なので何人かはいるかなと思いきやゼロ。山の中腹にある神社でケーブルカーがあり、そこで交通整理をしているおじさんに「着物いいね!俺も今度着よう!」と関心を持ってもらった位だ。ただ、着物を着ていても何にも違和感もなければ人目も気にならない。なんと着心地の良い事か。歩いていてもいつもと違うところを使っている感覚があり、これまた面白い。下駄を履いていると身体が纏まる様な感覚で安心感がある。と、初詣の着物話はこれくらいにして、腰肚を改めて感じたのは着物を着たからなのだと思う。去年は結果的に接点を中心に観ていったので末端の感覚。今年は中心である腰肚の感覚から着目していきたい。そして、重さが乗る。これについてももう少し研究してみたい。中心の重さを末端に繋げていく。重さを乗せると無駄な力みが出るような感じなので、重さが乗る状態を工夫してみる。アーチ型の橋の強度、ストーンバランシング、お城の石垣と言ったものには重さが上手く乗る秘密があり参考になると思う。重さが上手く乗るには硬い石(意思)が必要ですね。・・・。1月のスケジュール

新年稽古始め

本日は「杖術で身体感覚を拓く」がありました。新年の稽古始めは、身体の各部分を目覚めさせる運動から始まり身体の沈みや杖に触れる感覚。さらに杖から導かれる身体感覚を練る稽古をしていきました。私的には脚が今日のテーマでした。今回は武術をやられている方がご参加下さいました。少しお話しさせて頂いて、考え方など共通しているところもあり良い経験をさせて頂きました。動き方などを拝見していて、学ばせて頂く部分もありました。様々な方と交流稽古が出来る事はとても嬉しいです。ご参加くださった皆様、ありがとうございました!私の場合、何度も書いていますが武術が好きにも関わらず団体や会に入るのにはどうも苦手で結局どこにも行けませんでした。そんな時に武術研究者である甲野善紀先生と出会い、武術と身体技法の道が拓けました。いつでも好きな時に参加できて、自分の感覚を観ていける。そんな自由で放牧されている方が私には性に合っていました。武術や武術の身体の使い方はスポーツや介護、音楽にも注目されていますが、日常の中にも落とし込んでいく事ができます。そんな奥深さや面白さ、不思議さ、可能性を秘めた身体というものを、武術や身体技法に馴染みのない方でも知って頂きたいと想い活動しています。参加したくてもなかなか敷居が高そうで踏み出せないという方には1度参加して頂けたらと思います。私自身がなかなか踏み出せないタイプだったので、こういう場を提供できたらと考えています。それは杖でも身体操法でもヨガでもそうです。なるべく気兼ねなく来て頂ければと思います。杖術で身体感覚を拓く次回は2月2日(土)を予定しております。気になる方は是非ご参加ください!お問い合わせtabisurukarada@gmail.com

2019年1月のスケジュール

新年、1月のスケジュールです。新しいクラスを始めます!【定期クラス】雲山稽古会/本厚木▪︎火曜日(22日はお休みです)『歪みを整えるヨガ』時間:10:30〜12:00『瑜伽』時間19:30〜21:30▪︎木曜日『武術を活かす一部(初心者/基礎)』時間:18:30〜19:30『武術を活かす二部』時間:19:45〜21:15第1、第3土曜日『男性限定ヨガクラス』時間:10:30〜12:00▪︎日曜日『歪みを整えるヨガ』時間:10:30〜12:00『武術を活かす』時間13:00〜14:30『瑜伽』時間14:45〜16:15*60分2000円、90分2500円、120分3000円*二部連続参加の場合4000円*定員4名〜5名*ヨガマットレンタル200円お申し込みの時にヨガマットレンタル希望とお書きください。*動きやすい服装でご参加下さい。【月1回 稽古会】▪️杖術会-杖術で身体感覚を拓く-1/5(土)時間:13:10〜14:40参加費:2500円場所:厚木市東町スポーツセンター第 武道場(たたみ)小田急線本厚木駅から徒歩圏内(会場は借りているだけですので、問合せしないでください)※杖の貸し出しが少数ですがありますので、必要な方は申し込み時に仰ってください。(お持ちの方は出来るだけご持参ください)▪️身体の稽古会1/19(土)時間:13:10〜14:40参加費:2500円場所:厚木市東町スポーツセンター第 武道場(たたみ)小田急線本厚木駅から徒歩圏内(会場は借りているだけですので、問合せしないでください)何かをするという枠組みから離れて「身体」の稽古をします。それは武術に関したことでも、スポーツに関したことでも、介護に関したことでも構いません。その時その時の、参加者との間に生まれる研究稽古会です。武術やスポーツの動きはもちろん、「身体」に興味を持つ方はどなたでもご参加下さい。ご質問ややりたい事なども、その時々に仰って頂いて深めていけたらと考えています。▪️伊勢原稽古会9日(水)『伊勢原身体操法&卓球』時間:12:30〜14:00(卓球は14:00〜15:30)※どちらかの参加のみも可能です。25日(金)『伊勢原ヨガ』時間:19:30〜21:0018日(金)『伊勢原身体操法』時間:19:30〜21:00夢想塾さん、卓球スクールの生徒さんと一緒に稽古します。場所や参加費につきましては、お問い合わせ頂いた方にお知らせいたします。◾︎新春ヨガ1/12(土)時間:10:00〜11:30場所:町田市民フォーラム和室参加費:3000円今回講師としてお招き頂きました。詳細などはまたお知らせいたします。お申込み、ご質問はお問い合わせフォーム、またはメールにて受付致します。 件名に希望日と講習の名前を記入し、本文に名前と緊急連絡先を記入の上、‭‭tabisurukarada@gmail.com‬‬までお願い致します。Googleカレンダーでも確認できます。12/31〜1/3までお休み頂きます。日程以外にも個人稽古や出張も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。※稽古場はあまり音を立てられないので、スポーツや動作が多い場合は御手数ですが場所の確保をお願い致します。

雲山稽古場クラス稽古納め

雲山稽古場での稽古のクラスも昨日で稽古納めでした。今年気付いた紙風船の原理から始まり、接点ではなく面、面が軸という話になりゴロゴロ稽古や手推し相撲をやりました。来てくださっている方はもう半年位ですが、動きの感覚というか、雰囲気も変わってきたのを感じます。稽古というのはその場でパッと変わることもあれば、その場ではよく分からずに何日かしてから余韻が響いてくるように変わってきたりします。その辺りが稽古の面白さだと思います。そして、これはヨガでも武術稽古でもそうですが、日常に落とし込んでみて欲しいです。日常のあらゆる場面で稽古工夫ができます。電車での周りとの距離感(空間)、階段、何かに掴む時、触れる時、考え方、捉え方の工夫などなど。日常の全てが稽古になります。こういうとずーっと気を張ってなきゃいけないの?と思う方がいるかと思いますが、そうではありません。はじめは、ちょっと気付いた時に何となくやってみるだけでも違います。そうしていくと段々と普段の無駄な力みに気付けたり、悪循環の思考癖に気付けたりします。ただ、この時に注意しなければいけない事は、気付いた時に自己否定をしないでただ受け入れてみて下さい。何で俺に、私にこんな悪癖が!ではなく、こういう考え方を自分はしていたんだな、気付けて良かったなぁくらいの感じがいいと思います。そうしないと、気付いて自己否定の悪循環がまた出来てきます。本年ご参加下さりご縁を賜った方々、本当にありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願い致します!来年は5日の男性限定ヨガクラスと杖術で身体感覚を拓くから稽古初めです!こちらもご参加お待ちしております!

2018年忘年稽古会

昨日、12月22日は忘年稽古会でした。今年ご縁が出来た方、以前からご縁のある方が集まって下さり、とても実りのある稽古、研究ができました。稽古はそれぞれ興味のある事をやりました。身体操法をしたり、体術をしたり、杖術をしたり、ヨガをしたり、けん玉したり、ジャグリングしたり。ここだけみてしまうと、何をやってるのか分からないかと思いますが、この環境というのは私の1つの理想でもあります。各人がやりたい事をやる。もちろん初めは何をしたらいいか分からないという人は、私の話を聴いて頂き、動いてみるのがいいと思います。場所を移して忘年会。普段、お会いしている方から、久しぶりの方までお越し頂き本当にありがたいです。思えば、今年は場を持ちました。場をもって、縁ができ、拡がりがありました。私自身の研究も、恐らく1番進んだ年になったと思います。各人が話している姿をみて、場をもって本当に良かったなと心から感じました。稽古場という場を持ちましたが、旅する身体なので、来年は他の場にも行く予定です。呼んでいただき、場があれば行くのが旅する身体です。たくさんの場、そこから拡がる縁を大切に来年も活動していこうと思います。ご参加下さった皆さん、本当にありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願い致します!

伸び伸びと動く〜Active Energy Work開催しました〜