tabisurukarada

記事一覧(261)

伸び伸びと動く〜Active Energy Work開催しました〜

Active Energy work

明日はActive Energy workが開催されます。動きの中で重要な「統一体」、「丹田」にフォーカスを当てます。また、進化の過程で眠ってしまっている原始感覚を目覚めさせていきます。説明がないときついトレーニングと勘違いされやすいです笑。当日参加も歓迎です!気になる方は是非!以下詳細です!【 Active Energy Work 】〜アクティブエネルギーワーク〜【動く観る身体の生命誌】細胞/神経系統/脳/記憶/遺伝子プラーナ・氣/丹田強く、しなやか、柔軟生命力エネルギー活力・活性化パフォーマンス、スキル向上▪︎筋トレとは違う、部分パーツで鍛えるのではなく全体を統合させて動かす▪︎ホリスティック、身体全体、動かせる・使える▪︎応用が効く 筋肉・骨格・神経へ目覚めさせる☆初めての方、初心者歓迎☆女性の方も是非☆運動不足、苦手な方ご自分のペースで無理なくやって頂けます。《こんな方におすすめ》◯柔らかい動き、柔軟性だけでなく強さを高めたい◯筋トレ、ボディワークなどしてきた方◯運動が苦手、スポーツをしてこなかった方◯心を鍛えたい、強くしたい◯自重バランス、運動能力を高めたい◯丹田、エネルギーワーク、エナジー、生命力◯東洋思想、考え方◯ヨガをしている方、インストラクター◯身体に携わる職種、ライフワークの方◯スポーツ全般◯興味がある、何となくどなたでもご参加、お越し下さいませ。※お子様はご遠慮下さい。【日にち】12月15日(土)【時間】13時10分〜14:40【場所】東町スポーツセンター武道場 @本厚木駅より徒歩圏内【料金】2500円【持ち物】動きやすい服装飲み物【申し込み】tabisurukarada@gmail.com

2019年1月のスケジュール

新年、1月のスケジュールです。新しいクラスを始めます!【毎週定期クラス】雲山稽古会/本厚木▪︎火曜日『歪みを整えるヨガ』時間:10:30〜12:00『瑜伽』時間19:30〜21:30▪︎木曜日『武術を活かす一部(初心者/基礎)』時間:18:30〜19:30『武術を活かす二部』時間:19:45〜21:15▪︎土曜日『男性限定ヨガクラス』時間:10:30〜12:00▪︎日曜日『歪みを整えるヨガ』時間:10:30〜12:00『武術を活かす』時間13:00〜14:30『瑜伽』時間14:45〜16:15*体験参加1000円*60分2000円、90分2500円、120分3000円*二部連続参加の場合4000円*定員4名〜5名*ヨガマットレンタル200円お申し込みの時にヨガマットレンタル希望とお書きください。*動きやすい服装でご参加下さい。【月1回 稽古会】▪️杖術会-杖術で身体感覚を拓く-1/5(土)時間:13:10〜14:40参加費:2500円場所:厚木市東町スポーツセンター第 武道場(たたみ)小田急線本厚木駅から徒歩圏内(会場は借りているだけですので、問合せしないでください)※杖の貸し出しが少数ですがありますので、必要な方は申し込み時に仰ってください。(お持ちの方は出来るだけご持参ください)▪️身体の稽古会1/19(土)時間:13:10〜14:40参加費:2500円場所:厚木市東町スポーツセンター第 武道場(たたみ)小田急線本厚木駅から徒歩圏内(会場は借りているだけですので、問合せしないでください)何かをするという枠組みから離れて「身体」の稽古をします。それは武術に関したことでも、スポーツに関したことでも、介護に関したことでも構いません。その時その時の、参加者との間に生まれる研究稽古会です。武術やスポーツの動きはもちろん、「身体」に興味を持つ方はどなたでもご参加下さい。ご質問ややりたい事なども、その時々に仰って頂いて深めていけたらと考えています。▪️伊勢原稽古会1/11(金)『伊勢原ヨガ』時間:19:30〜21:00第3金曜日『伊勢原身体操法』時間:19:30〜21:00夢想塾さん、卓球スクールの生徒さんと一緒に稽古します。場所や参加費につきましては、お問い合わせ頂いた方にお知らせいたします。◾︎新春ヨガ1/12(土)時間:10:00〜11:30場所:町田市民フォーラム和室参加費:3000円今回講師としてお招き頂きました。詳しい詳細などはまたお知らせいたします。お申込み、ご質問はお問い合わせフォーム、またはメールにて受付致します。 件名に希望日と講習の名前を記入し、本文に名前と緊急連絡先を記入の上、‭‭tabisurukarada@gmail.com‬‬までお願い致します。一般クラスの初回体験参加の方は件名に上記の内容に加えて「体験参加希望」と書いて下さい。Googleカレンダーでも確認できます。12/31〜1/3までお休み頂きます。日程以外にも個人稽古や出張も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。※稽古場はあまり音を立てられないので、スポーツや動作が多い場合は御手数ですが場所の確保をお願い致します。

ほんの少しだけ一年を振り返る

気づけばもう師走。あっという間に新年を迎えるだろう。今年はまだ暖かさがあり、冬の感じは薄いが独特の寂しさはある。今年は、右も左も分からないまま場所を借りてやってきたが、改めて雲山は縁の場だと思う。今年一年まだ終わってはいないが、色々な方とのご縁があり本当に感謝しかありません。人の想いが縁を繋ぎ、場を作っていくのだなぁと改めて実感する日々です。身体の気付きに関しても、肘を抑圧しないで伸び伸びさせる事から接点を点ではなく面で捉える、紙風船のまとまり、腰を浮かせる、負ける稽古など色々と出てきた。そして、抑圧された中での自由が最近のテーマ。苦しい状態の中でいかに自由を感じられるか。身体で体現出来てきたら、気持ちの面でも段々とそうなってくる様に思う。また違う世界が見えてきそうで楽しみ。ここでも、無理して頑張って自由を!という事も出来るかもしれないが、それとはまた違う側面からアプローチしてみたい(登山道が違うように)。とにかく、身体が持っている面白さ、不思議さをご縁のある方々にこれからもお伝えできたらと思います。武術の身体操法には身体操法の面白さがありますし、ヨガにはヨガの面白さがあります。共通しているところもありますし、全然違うところもあります。ただ私の場合、武術もヨガも日常のレベルにまで落とし込んでやっていってもらいたいという想いがあります。その場でやって後はいつもの日常、ではちょっともったいないような気がします。武術やヨガのエッセンスを日常に加えて活かしてもらうと、色々な気付きや工夫が自ずと生まれてきてより日常が楽しくなると思います。どこへ行ってもあるこの身体。その身体に興味と楽しさを感じられれば、日常の見方、感じ方も変わってくると思います。この間来られた方には「とても面白く、初めてとは思えないほどリラックスできました」と感想を頂きました。有り難いです。稽古や研究を通じて、身体の持っている面白さ、不思議さ、楽しさ、そして動きの質を高めていく事を今後もお伝えしていけたらと思います。12月のスケジュール

紙風船と身体

先日、雲山稽古場であった武術を活かすのクラスでは、紙風船を用いた新たな身体の検証法を発見した。まだ発見したばかりなので、これから色々な場所で検証してみたい。参加された方からは、「不思議ですね〜」と自分の身体の変化に驚きと面白さを感じていたみたいでした。普段認識している事の、受け取り方は認識の仕方を少し変えてみるだけで身体の状態も変わります。例えば、電車に乗っててフト顔を上げたら凄く苦手な人が乗っていたと認識したら、その瞬間に身体が強張って行くのが分かります。周りの環境は変わってはいませんが、自分がそれを認識した瞬間に中身は変わってしまうのです。感覚で動いて才能を発揮していた人に、論理的に教えてしまうと、途端に動きがぎこちなくなるという事をどこかで聞いた事があります。これも興味深い事です。どこか、ちぐはぐになってしまうのですね。さて、明日は杖術で身体感覚を拓くがあります。杖は身体の感覚を導いてくれる。そういった頼もしい相棒のようなものに感じます。日常ではなかなか意識しない所を使ってみたり、参加された方の中には「今までになった事がない所が筋肉痛になった」「自分が普段どういう風に動いてるかの癖が分かってきた」という感想もありました。楽しみながら真剣にやっておりますので、気になる方は是非お越し下さい!初めての方も杖の貸し出しがありますので、気軽に仰ってください。申し込みはお問い合わせフォームから、もしくは下記のメールアドレスまで。tabisurukarada@gmail.com

身体を得る

昨日、突如として身体への絶大な信頼が内から湧いてきた。ワークショップ後、普段とは違う環境もあったせいか、自分でも普段言わないような事を言っていたと思う。いつもより変に饒舌だった記憶がある。その後の帰り道に湧いてきた感覚だった。身体を得た。普段、身体は故郷であり、自然であり、逃げ場であり、拠り所であり、神殿であり、空間であると言ってきたが、それが実感を伴って突如として湧いてきた。最近は、身につけるとは?という事を掘り下げていっていたが、体に身について身体となっていったという感じだ。よく稽古の時に、「内に寄り添う」、「内に馴染む」、「内に溶け込む」と言った表現を使っていたと思うが、これらは身体がバラバラになっていたのを痛切に身体が感じ、その事に気づき始めていたから出た言葉なのだと今になって思う。内と外の境界線、接点(境界線も人が勝手に決めているだけ)。接点も点で接すると捉われる。面で接すると捉える(ここでも相手に寄り添うという表現を使っている)。捉われるとは執着。執着はガスコンロ付近のこびりついた焦げの様に中々取れない。取れないから気になって仕方がない。つまり、接点もバラバラだったという訳だ。内も外もバラバラですよー、と。そんなバラバラの状態で身体への信頼があるかと言ったらそんなの無いに決まっている。接点を面で捉えると身体に空間、スペースを感じる。つまり抑圧された無理矢理な空間ではなく、伸び伸びとした自由な空間だ。身体と外との繋がりを考えた時に、自分にとって丁度いい空間がある(来年のテーマにしようと思っています)。外の世界だと、布団の中、室内、広い施設、お風呂、外、海、山、草原、とまぁ色々。そして、その丁度いい空間は、一定ではない。刻々と変化している。今日は家にいたいなーとか、今日は外に遊びに行きたい!とか、風呂長く入りたいわーとか。これは身体の動きにも言える事で、何か押さえられたりしても、どういう状態で押さえられているかで常に違う。そして、その押さえられたり圧力をかけられた状態でも自由でいられるかという事が身体をバラバラにしないための1つの手掛かりとなっているのだと思う。私にとって身体を得るとは、身体の自由を1つ実感として感じ得たという事だ。そして、身体の自由は1つではない。これもいくつもの層になっていて、まだまだ、まだまだいくつもの自由があるのだと思う。何はともあれ、1つ身体を得た、あとは気づいていくだけ。

2018年12月のスケジュール

遅くなりましたが、12月のスケジュールです。Googleカレンダーでも確認できます。日程以外にも個人稽古や出張も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。※稽古場があまり音を立てられないので、スポーツや動作が多いものの場合は場所を確保してお願いします。◾️一般クラス日曜日(2日、16日、23日開催)武術を活かす 時間13:00〜14:30瑜伽時間14:45〜16:15※11日と25日は他の講習があります。詳しくは下記をご覧下さい。火曜日(25日はお休み)瑜伽(初心者の方はご相談下さい。)時間19:30〜21:30参加費:3000円木曜日(毎週開催)武術を活かす 一部(初心者歓迎クラス)時間:18:30〜19:30武術を活かす 二部時間:19:45〜21:15※場所と参加費一般クラスに関しては、1人1クラスに限り初回体験参加1000円です。上記の会場は雲山稽古場(道場)です。参加費は1時間講習が2000円、1時間30分講習が2500円です。2時間講習は3000円です。夜の武術を活かすは一部、二部連続ご参加で4000円。日曜日の武術を活かすと瑜伽も連続参加で4000円となります。※定員4名〜5名ヨガマットレンタル200円(お申し込みの時にヨガマットレンタル希望とお書きください)動きやすい服装でご参加下さい。◾️定期講習女性のための古武術気になる方はお早めにどうぞ!9日(日)時間:13:00〜14:30場所:雲山稽古場参加費:2500円初めての方の内容です。基本から分かりやすく丁寧に説明をします。実際に身体を通して、感じて、体感頂きますので動きやすい服装をご用意下さい。イメージしている武術とは異なると思います。あくまで武術を基にした身体の扱い方を日常生活へ活かす事をテーマとしています。スポーツとは違う発想の転換や身体の使い方、新しい思考回路を作る、そのご提案です。杖術で身体感覚を拓く12/1(土)時間:13:10〜14:40参加費:2500円場所:厚木市東町スポーツセンター第 武道場(たたみ)小田急線本厚木駅から徒歩圏内(会場は借りているだけですので、問合せしないでください)※杖の貸し出しが少数ですがありますので、必要な方は申し込み時に仰ってください。(お持ちの方は出来るだけご持参ください)※こちらはイベントですので、初回体験対象外です。▪️伊勢原稽古会第1金曜日伊勢原ヨガ時間:19:30〜21:00第3金曜日伊勢原身体操法時間:19:30〜21:00場所や参加費は、お問い合わせ頂いた方にお知らせいたします。▪️真冬の忘年稽古会12/22(土)時間:13:00〜17:00(いつ来て頂いても構いません)参加費:ドネーション制忘年会17:30〜(予定)会費:3000円前後を予定しています。場所は本厚木駅近辺を予定しています。お申込み、ご質問はお問い合わせフォーム、またはメールにて受付致します。 件名に希望日と講習の名前を記入し、本文に名前と緊急連絡先を記入の上、tabisurukarada@gmail.comまでお願い致します。一般クラスに関しての初回体験参加の方は件名に上記の内容に加え、「体験参加希望」と書いて下さい。

触れる事と力みの関係

昨日は都内某所で甲野先生のアシスタントをさせて頂きました。撮影という貴重な場での体験やお話、そして最近の術理に対する考え方をお聴きして思うところあり。私は「接触」が1つ大きなテーマですが、先生のお話から改めて考えさせられる事がありました。いつも貴重な場に呼んで頂き、先生には感謝しかありません。夜の瑜伽クラスでも触れましたが、人は地球にいる限りは何かしらに触れています。地面、衣類、食べ物、排泄物、腕や足を曲げた時の皮膚と皮膚、目を瞑った時の皮膚と皮膚。掌を合わせた時のひらの感覚。最近は空間にも触れる感覚があると感じます。そんな感覚に目を向けていきますと、普段いかに雑に接しているかという事が分かってきます。雑に扱うとしわ寄せが来ます。部分を雑に扱うと、全体が封じられます。丁寧に観ていくと、自由を感じます。これが心の面にも大きく影響してきます。例えば、ギューっと手を握られている感覚と、触れているところ全体で包み込むように握る感覚では、どちらが身体全体との繋がりを感じるでしょうか。試してみれば一目瞭然です。握るのは相手がいないとできませんが、そのギューっと握る感覚をいつのまにか自分自身の内に向けてやっている事もあります。下手に頑張ってしまうというのは、このギューっと握る感覚を内に向けてやっているからだとこの頃は感じます。昨日はいつもの修正法を少し手法を変えて行いましたが、来てくださった方の反応は良かったです。何を変えたのか、それは無駄な力みを除いただけです。結果は同じでも、どうアプローチするかで身体も心も違ってきます。山頂は同じでも、山道はそれぞれ違う、それぞれ違う景色を見て、違うことを感じる。その多様性を身体は教えてくれているような気がします。

小さな稽古人

本日は杖術会でした。常連の方に加え、4歳と7歳の稽古人がお祖母様に連れられ見学、体験参加に来られました。なんでも、4歳のA君が私のYouTubeの杖術動画を観て関心をもち、何度も観て行きたいと言ってくれたのだそう。4歳の子に興味を持ってもらえるとは正直思っていなかったので、素直に嬉しかったです。準備運動として、杖を滑らせる動きや脚の運び、膝の抜きなどを行い、そこから突きや打ちを丁寧に行なっていきました。突きや打ちの手の内や脚の運び方もなかなか難しく、巻いていく手の内や蹴らない脚運びを色々と工夫しながら稽古していました。その後は半身の感覚を養う稽古や「巴」や「回し杖」と言った型の稽古も行なっていきました。稽古していく中で、脚の運びや足裏の感覚、半身の感覚をもっと丁寧に観ていってもいいなと思いました。見学していたA君がやってみたいと言って、お兄ちゃんのR君と杖を持って突きの動きを少しやってみました。4歳や7歳の子にとって杖は重いと思います。実際にお兄ちゃんは重いと呟いていましたが、どう言ったものを使って稽古しているのかを感じてもらうには、直接手で触れ重さを感じてもらうのが一番です。感じてもらった上で、稽古用の自分に合ったサイズを作ってもらうのがいいと思います。本人がどうしていきたいかという事がとても重要です。強制ではいいものは生まれてきません。やりたい時ややりたくない時もあると思います。私がそうでした。何かに属すると続けなければという意識が出てきて、いつのまにか無理していたという事もあると思います。時と場合によりますが、基本的には来たい時にいて頂きたいので、私の所では一回稽古制としています。今日は、来てくださっている方々から動きを引き出された感じがあり、4歳と7歳の稽古人からも学ばせて頂くことがありました。感謝です。本日もありがとうございました!次回は12月1日(土)の開催を予定しています。杖の貸し出しも行なっておりますので、気になる方は是非お問い合わせください!ちなみにYouTubeに乗せた杖術の動画はこちらからご覧頂けます。