がむしゃらと冷静

先日、実家へ帰った際に畑の前で裸足で全力疾走を何回かしたらとても気持ちが良かった。その時に、何か子供時代の大事なものを取り戻した様な気がした。無我夢中という言葉があるが、それに近いもの。大人になってくると、何でも理屈で説明したがるものでもあり、意味付けをしたがるものである。そのおかげで物事が分かってくるのだけれど、その度合いが強すぎるとどうも頭でっかちになってくるようだ。そこまで行くと経験上、重心も上がってきて身体への不調もきたしてしまう。そんな時は何かをがむしゃらにやってみるのもいいのかもしれない。いちいち意味など考えずにとりあえずやってみる。
「これやりたい!で(でも)…うるさい思考!(笑)」みたいな感じで。
理屈は後からつければ良いのではないかな。






武術の稽古をしていると、そのある面でのがむしゃらさと冷静に観ている面が両立しているのだなぁと気が付いた。これは瞑想だなぁとヨガ的な観点から見てみる。
動いていく中でドンドン中身が変わっていく。ドンドン新しい自分が出てくる。その変化が面白い。





最近は、魚影と付けた腕の感覚が体幹部にもあるという事が分かってきた。背骨。ヨガで背骨揺らしというものをよくやるけど、それがキッカケになった。どうしても感覚的にまだまだ前のめっている感が抜けなくて、それは背が大きくて首が長いせいにしていたのだけど(笑)、やっと1つ感覚が生まれてきて試行錯誤している。この揺らしを振動に変えて伝えていったら面白いのではないかと思う。




ヨガのクラスでも、たまに私の動きをズーッと見ながらやっている方もいらっしゃいますが、こんな形かな〜位であとは自分の伸ばしたい所や動いていて痛気持ちいいな〜という所を身体に聴きながらドンドン見つけていってもらいたいです。(もちろん初心者の方や初めてやるアーサナ(ポーズ)の時はそれでも構いませんが、それがクセになりすぎるとモノマネだけ得意な人になってしまいます)子供が一日中遊びまくって、帰ったらロボットの電源オフの様にパッとswitchが切り替わりくつろぎの段階に入る。そんな流れが1つ理想ではあります。



5秒もあれば変わりゆく身体と心。それを大変だなぁ、難しいなぁと捉えるか、面白いなぁと捉えるかで色々と変わってくるものがあると思います。









9月のスケジュール更新しました!



そして10月は新しい事始めます!


これは昔、海老名の方でやっていましたがまた復活してやりたいと思います。男性がいると気後れしてしまう方や、丁寧に身体を観ていきたい方は是非お越し下さい!激しい動きはなく、構造的な視点や感覚的な視点、色々と身体を旅しながら感覚を深めていきましょう!



28日(日)瑜伽講座+実技
瑜伽(ヨガ)のクラスではあまり紹介しきれていない、ヨガってそもそもなんなの?という疑問を私なりに解釈してなるべく分かりやすくフランクにお伝えしようというものです。何か素性の分からないものをやっているよりは、こんな感じの事をやっているんだなというのを何となくで良いので感じ取って頂ければと思います。初心者の方やちょっと気になる方、知ってはいるけど復習がてらという方も是非お越しください。



どちらも少人数ですので、気になる方はお早めにお申し込み下さい!


旅する身体

身体と心の探究 本厚木駅から徒歩5分、 雲山~unZan~稽古場を中心に伊勢原、都心で武術的な身体の使い方やヨガの講習会、稽古会を開いています。日常からスポーツ、様々な分野にまで活かせる身体術の研究、稽古です。ヨガは動きに捉われず、身心の声を聴きます。少人数で行うので集中して自分と向き合えます。 女性の方や運動経験のない方、ヨガは体の硬い男性も安心してご参加できます。